トップ << 地盤に関する相談

弊社に実際に寄せられた地盤に関する相談を掲載していきます

大きなビルの解体跡地の分譲地を購入しようと思っています。
大きなビルが建っていた所なので、調査しないでも大丈夫なのでは?

地域性や地形的にもよりますが、通常RCなどコンクリート構造の大型物件は、
支持杭により建設されている事が多く、あまり地盤自体に荷重を かけていません。

逆にビルの基礎は大きいので掘削時や解体時に地盤を乱されている事も多く、
埋め戻しも乱雑な場合がありますからやはり地盤調査は実施してもらい
地盤状況を確認しておくべきでしょう。

ひどい場合には、基礎部分をきれいに解体しないで覆土されている場合などもあります。

築30年以上経過した家の建て替え中なのですが、
地盤調査の結果が「改良必要」となりました。
前の家では沈下など支障がなかったのですが本当に必要なんでしょうか?

弊社で把握している物件でこういう事例があります。築30年以上経過しているのですが、 隣家が大きな建物に建て替えたので隣の沈下と連動して(?)沈下した物件があります。

因果関係がはっきり証明できない為、現在のところ訴訟にはなっていませんが、
やはり「お隣さん」なので言いにくいようです。「お隣さん」の建築も問題ですが、
やはり30年前(当然調査無し)にギリギリの状態の地盤に建築された事も一因であると考えられます。

地盤調査報告書をもらったのですが、「要改良」となっています。
しかし、他の保証会社にデータを見せると、ベタ基礎で保証可能といわれました。
こんな事があるんですか?

調査結果の判定が違うことや改良工法が違うという事が時々(よく?)あります。
これは地盤保証会社の考え方や、調査会社の地盤の捉え方や
得意とする工法の違いなどによるものです。

ここで考えて頂きたいのは「保険」なのか「保証」なのかです。
一度傾いた家はどんなに修正しても完全には元には戻りません。
わたしたちが考えているのは、病気になったから出る「保険」ではなく、病気にならない「保証」なのです。


このページのトップぺ移動