トップ << 業務内容 NSVコラム工法のシステム

NSVコラム工法のシステム

地盤調査と品質検査方法

小規模建築物の基礎地盤改良を行う場合、簡略化のため、事前調査:スウェーデン式サウンディング試験、
事後調査:モールドコアを使用する方法を、それぞれ適用可能です。

施工管理システム

地中に構築される改良体は見ることができません。
このため、施工中の状況を「見える化」することは、品質確保のために重要です。

NSVコラム工法では、深度・施工時間・回転トルク・圧入圧・固化材スラリーの瞬時流量・瞬時回転数の他に、
1m区間毎のスラリー流量・回転数を計測し、築造する改良体の品質確保を図っています。

これらのデータは施工機内の施工管理装置に記録され、携帯電話で管理基地局に送信され、
基地局内でも技術者が管理することができます。

NSVコラム工法の施工管理基準

本工法の標準施工工程と施工管理基準に準拠した施工を行う事で、
強度のばらつきを表す指標“変動係数”を0.35以下とすることができます。


このページのトップぺ移動