トップ << 業務内容 エコジオ工法

地球にやさしく液状化に強いエコジオ工法

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

今までの砕石杭工法との違い
ケーシングを使わない施工 EGケーシングによる施工
ケーシングを使わない施工 EGケーシングによる施工
地下水位が高い場合や砂質土などでは
穴の壁面が崩壊し、設計通りの状態にならない。
地下水位や土質に関係なく、EGケーシングが
掘削した穴の壁面の崩壊を防止する事で
確実に設計通りの形状に仕上がります。
ケーシングを使わない施工 EGケーシングによる施工
崩壊した土砂の上に砕石が入ったり、
投入した砕石に軟弱な土砂が混入する。
作業員の技量で砕石杭の品質が左右される。
砕石は、EGケーシングの中から投入されるので、
目標深度から砕石だけの杭を築造できます。
管理装置により締固めの品質が一定です。
ケーシングを使わない施工 EGケーシングによる施工
支持力が不足する(平板載荷試験ではわからない)
砕石に土砂やスライムが混入しててしまい
設計通りの透水性が無く液状化対策にならない。
砕石だけを、確実に締め固めることができるので
設計通りの高品質な支持力が確保できる。
砕石だけの杭となるので設計通りの透水性が確保でき、
液状化対策として効果が見込める砕石杭となる。
穴の壁面が崩壊する可能性がある。
透水性が低く液状化対策にならない。
掘削穴の壁面の崩壊を確実に防止できる。
設計通りの透水性が確保できるので
液状化対策として有効な工法です!
自然の力を最大限に利用したエコでクリーンな地盤改良です

近年、住宅において環境負荷の小さい
「砕石を用いる地盤改良工法」が増加しています。

今までの砕石杭では掘削穴の壁面の崩壊防止や、
砕石を均一に締固める事は作業員まかせであり、
杭先から杭頭まで均質に仕上げる事は困難でした。

また、ケーシングが無い施工では透水性が低くなってしまい、
液状化対策の有効性は下がると言われています。
当然の事ですが管理装置がないと、施工深度や投入した砕石量、
確実に締固め管理がなされたかどうかさえも分かりません。

私たちの工法では、世界初のEGケーシングの採用により
掘削時の孔壁崩壊を確実に防ぐとともに、「砕石だけ」を
連続投入しながら、管理装置のもと一定の厚さと締固め力で
「砕石だけの高品質な杭」をどこでも提供できます。

品質の安定した砕石杭を構築できるエコジオ工法は、
これからの正しい砕石地盤改良技術といえるでしょう。

砕石杭が採用できない地盤について
砕石杭が適用できない地盤

擁壁や石垣上の宅地など敷地に高低差がある場合

擁壁や石垣自体が沈下や変形を起こすと、地盤が緩んでしまいます。

鋼管杭や柱状改良の場合には変形力に対して抵抗力がありますが
砕石杭の場合には、砕石が周辺の土の圧力により支えられているので
緩んでしまった場合、横方向への抵抗力がまったくありません。

また、地震時には擁壁や石垣が動いてしまうので
砕石が緩んでしまい沈下の原因となります。


砕石杭が適用できない地盤

谷を埋めた盛土地や支持層に傾斜がある場合

砕石杭では、地表面付近の水を集めて地下に流す特性があります。

この特性により、谷埋盛土地や支持層が傾斜している場合には
今までよりも地下水位を増やしたり、新たに水脈を作ってしまう事で
地震時などには地滑り被害を誘発してしまう可能性があります。
地滑りした場合には、横方向への抵抗力はありません。

また、井戸が浅い場合には不純物混入の原因となります。


砕石杭が適用できない地盤

新しい盛土造成地や造成後の放置期間の少ない場合

新しい造成地は、盛土の中の空気が抜けたり、
盛土の重さで下部地盤が圧密沈下したりして沈下が進行中です。

砕石杭は、載荷された荷重が地表面付近で分散される地盤改良であり
造成地盤と一緒に沈下していく事になるので注意が必要です。

この様な場合には、鋼管杭や柱状改良が適切といえます。


砕石を使用した地盤改良 メリット
このページのトップぺ移動