トップ << 業務内容 DM(ダブルメタル)工法

DM(ダブルメタル)工法 - 建築技術性能証明工法 -

(財)日本建築総合試験所より建築技術性能を取得した、経済的で高品質な鋼管回転圧入工法です。

3階建て以下、建物の高さ13m以下、軒高9m以下、 延床面積500u以内の小規模建設物と
高さ3.5m以下の擁壁及び看板等の小規模工作物の基礎補強を施工することが可能です。

本工法は、認定工法でありながら以下の特徴で大変優れています。

  • スウェーデン式サウンディング試験結果のみでの設計をすることが可能です。
  • 101.6mmと小口径の鋼管ですが、先端翼の面積が広いので支持力が大きく取れる。
  • 低騒音、低騒音での施工が可能、回転圧入時には残土の発生がありません。
  • 工場で生産された部材を使用する為、現場の土質に左右されず高品質である。
  • 製造コストから輸送コストまで見直す事で、低コストとする事ができました。
DM(ダブルメタル)工法

形状図、断面図

DM(ダブルメタル)工法

施工手順

DM(ダブルメタル)工法
このページのトップぺ移動